#author("2017-05-30T23:17:18+09:00","default:haikikyou","haikikyou")
#author("2017-05-30T23:49:34+09:00","default:haikikyou","haikikyou")
[[PostgreSQL/開発]]

#contents

* 概要 [#o44c23aa]

- ビットマップの機能
- 要素値は非負数のみ
- ワードサイズはutint32

#ref(./bitmapset_image.png,60%)
* 定義 [#y54658dc]

** 変数,エイリアス [#xbab96df]

&size(12){&color(white,#00afcc){ サンプル };};
#geshi(c){{{
// ワードの変数名
typedef uint32 bitmapword;		/* must be an unsigned type */
// ワード(符号あり),LSB算出に使われる
typedef int32 signedbitmapword; /* must be the matching signed type */
}}}


** マクロ [#z17bcdfc]

*** BITS_PER_BITMAPWORD [#j46732f4]

&size(12){&color(white,#00afcc){ サンプル };};
#geshi(c){{{
#define BITS_PER_BITMAPWORD 32
}}}

ワードサイズ
** 列挙型 [#r016dac4]

*** BMS_Comparison [#c4e1831b]
|~定数名|~説明|h
|BMS_EQUAL|等しい|
|BMS_SUBSET1|1番目最初のセットが2番目のセットのサブセットである|
|BMS_SUBSET|2番目最初のセットが1番目のセットのサブセットである|
|BMS_DIFFERENT|異なるビットマップセットである|

- ビットマップセット同士の関連を示す列挙定数
*** BMS_Membership [#v4e5d865]
|~定数名|~説明|h
|BMS_EMPTY_SET|空のセット|
|BMS_SINGLETON|シングルトンセットか,メンバーが1つ|
|BMS_MULTIPLE|複数セット,メンバーが複数|

- ビットマップセットのメンバーシップを示す列挙定数

&size(12){&color(white,#00afcc){ サンプル };};
#geshi(c){{{
void test_bitmapset()
{
    Bitmapset *bm = bms_make_singleton(1);
    bms_singleton_member(bm); // 1
    // 要素は1つ
    elog(NOTICE, "%d", bms_membership(bm) == BMS_SINGLETON); // NOTICE:  1
    bm = bms_add_member(bm, 2);
    // 複数の要素あり
    elog(NOTICE, "%d", bms_membership(bm) == BMS_MULTIPLE); // NOTICE:  1
    bm  = bms_del_member(bm, 1);
    bm  = bms_del_member(bm, 2);
    // 要素は空
    elog(NOTICE, "%d", bms_membership(bm) == BMS_EMPTY_SET); // NOTICE:  1
    elog(NOTICE, "%d", bms_is_empty(bm)); // NOTICE:  1
}
}}}
** 構造体 [#g3b005c3]

*** Bitmapset [#w1a2c428]

|~番号|~データ型|~フィールド|~説明|h
|1|int|nwords|wordの数|
|2|bitmapword|words[]|ビットマップ,サイズは自動拡張される|
** 関数 [#x7a379c3]

*** bms_copy [#i7fb952d]

#geshi(c){{{
// 引数1:コピー対象のビットマップセットのポインタ
// 戻り値:コピーされたビットマップセットのポインタ
extern Bitmapset *bms_copy(const Bitmapset *a);
}}}

- 指定されたビットマップセットのコピーを作成する。

*** bms_equal [#k7ca3a73]

#geshi(c){{{
// 引数1:比較する対象のビットマップセットのポインタ
// 引数2:比較する対象のビットマップセットのポインタ
// 戻り値:true:等しい,false:等しくない
extern bool bms_equal(const Bitmapset *a, const Bitmapset *b);
}}}

- 指定されたビットマップセットが等しいか比較する。
- 片方がNULLの場合,他方のbms_is_empty()の結果を返す。両方ともNULLの場合は,trueとなる。

&size(12){&color(white,orange){ 参考 };}; [[bms_equal()>https://doxygen.postgresql.org/bitmapset_8c.html#a26209f4c84c47e37eaeb94e5dcf89eca]] - on doxygen.postgresql.org
*** bms_make_singleton [#xfe5a00d]

#geshi(c){{{
// 引数1:ビットマップセットに格納する初期数値
// 戻り値:ビットマップセットのポインタ
extern Bitmapset *bms_make_singleton(int x);
}}}

- 指定された数値を登録してビットマップセットを作成する。

&size(12){&color(white,#00afcc){ サンプル };};
#geshi(c){{{
Bitmapset *bm = bms_make_singleton(1);
}}}

*** bms_free [#x8745666]

#geshi(c){{{
// 引数1:対象のビットマップセットのポインタ
extern void bms_free(Bitmapset *a);
}}}

- ビットマップセットの領域を解放する。

*** bms_union [#q9a01f34]

#geshi(c){{{
// 引数1:対象のビットマップセットのポインタ
// 引数2:対象のビットマップセットのポインタ
// 戻り値:和集合のビットマップセットのポインタ
//         aがNULLの場合,bのコピー
//         bがNULLの場合は,aのコピー
extern Bitmapset *bms_union(const Bitmapset *a, const Bitmapset *b);
}}}

- 指定されたビットマップセットの和集合を返す。
- bms_join関数と異なり,指定されたビットマップは書き換えなし。bms_copy()された結果に対して処理される。


&size(12){&color(white,orange){ 参考 };}; [[bms_union()>https://doxygen.postgresql.org/bitmapset_8h.html#a78c6db56481f05927c32a9f7fe09d14a]] - on doxygen.postgresql.org

&size(12){&color(white,#00afcc){ サンプル };};
#geshi(c){{{
void test_bitmapset_union()
{
    Bitmapset *bm1 = bms_make_singleton(0);
    bm1 = bms_add_member(bm1, 1);
    bm1 = bms_add_member(bm1, 12);

    Bitmapset *bm2 = bms_make_singleton(1);
    bm2 = bms_add_member(bm2, 3);
    bm2 = bms_add_member(bm2, 5);
    bm2 = bms_add_member(bm2, 32);

    Bitmapset *new_bm = bms_union(bm1, bm2);

    int result = -1;
    while ((result = bms_first_member(bm1)) >= 0) {
        elog(INFO, "bm1 member: %d", result);
    }

    result = -1;
    while ((result = bms_first_member(bm2)) >= 0) {
        elog(INFO, "bm2 member: %d", result);
    }

    result = -1;
    while ((result = bms_first_member(new_bm)) >= 0) {
        elog(INFO, "new_bm member: %d", result);
    }
}

/* Output is the following:
------------------------------
INFO:  bm1 member: 0
INFO:  bm1 member: 1
INFO:  bm1 member: 12
INFO:  bm2 member: 1
INFO:  bm2 member: 3
INFO:  bm2 member: 5
INFO:  bm2 member: 32
INFO:  new_bm member: 0
INFO:  new_bm member: 1
INFO:  new_bm member: 3
INFO:  new_bm member: 5
INFO:  new_bm member: 12
INFO:  new_bm member: 32
*/
}}}
*** bms_intersect [#t377e68f]

#geshi(c){{{
// 引数1:対象のビットマップセットのポインタ
// 引数2:対象のビットマップセットのポインタ
// 戻り値:積集合のビットマップセットのポインタ
//         aまたはbがNULLの場合,NULL
extern Bitmapset *bms_intersect(const Bitmapset *a, const Bitmapset *b);
}}}

- 指定されたビットマップの積集合を返す。
- bms_join関数と異なり,指定されたビットマップは書き換えなし。bms_copy()された結果に対して処理される。

*** bms_difference [#r00f4def]

#geshi(c){{{
// 引数1:差集合のベースとなる対象のビットマップセットのポインタ
// 引数2:差集合を計算する対象のビットマップセットのポインタ
// 戻り値:差集合のビットマップセットのポインタ
//         aがNULLの場合,NULL
//         bがNULLの場合,aのコピー
extern Bitmapset *bms_difference(const Bitmapset *a, const Bitmapset *b);
}}}

- a - bの差集合を計算する。
- bms_join関数と異なり,指定されたビットマップは書き換えなし。bms_copy()された結果に対して処理される。

*** bms_is_subset [#eff4dc92]

#geshi(c){{{
// 引数1:ベースとなる対象のビットマップセットのポインタ
// 引数2:サブセット計算対象のビットマップセットのポインタ
// 戻り値:true:サブセットである,false:サブセットでない
//         aがNULLの場合,true
//         bがNULLの場合,bms_is_empty(a)
extern bool bms_is_subset(const Bitmapset *a, const Bitmapset *b);
}}}

- aがbのサブセットであるか計算する。
- bがNULLの場合は,bms_is_empty(a)の結果が返る。

&size(12){&color(white,orange){ 参考 };}; [[bms_is_subset()>https://doxygen.postgresql.org/bitmapset_8c.html#a42a54266b296035d38e928e95679a0dd]] - on doxygen.postgresql.org

*** bms_subset_compare [#h2821fd9]

#geshi(c){{{
// 引数1:比較対象のビットマップセットのポインタ
// 引数2:比較対象のビットマップセットのポインタ
// 戻り値:関連を示す列挙定数
extern BMS_Comparison bms_subset_compare(const Bitmapset *a, const Bitmapset *b);
}}}

- aとbの関連を調べる。
- bms_is_subset関数では左右入れ替えて計算する必要があるが,この関数では一度の実行で関連を調べられる。

&size(12){&color(white,orange){ 参考 };}; [[bms_subset_compare()>https://doxygen.postgresql.org/bitmapset_8h.html#a2807a0e6468a3038840045e4503c63b4]] - on doxygen.postgresql.org

&size(12){&color(white,#00afcc){ サンプル };};
#geshi(c){{{
void test_bitmapset_subset()
{
    Bitmapset *bma = bms_make_singleton(0);
    bma = bms_add_member(bma, 1);
    bma = bms_add_member(bma, 12);

    Bitmapset *bmb = bms_make_singleton(0);
    bmb = bms_add_member(bmb, 1);
    bmb = bms_add_member(bmb, 12);
    bmb = bms_add_member(bmb, 16);
    bmb = bms_add_member(bmb, 32);

    elog(NOTICE, "Is a subset of b ? -> %d", bms_is_subset(bma, bmb)); // a ⊆ b
    elog(NOTICE, "Is b subset of a ? -> %d", bms_is_subset(bmb, bma)); // b ⊆ a

    BMS_Comparison relship = bms_subset_compare(bma, bmb);
    switch (relship) {
    case BMS_EQUAL:
        elog(NOTICE, "a = b");
        break;
    case BMS_SUBSET1:
        elog(NOTICE, "a ⊆ b");
        break;
    case BMS_SUBSET2:
        elog(NOTICE, "b ⊆ a");
        break;
    case BMS_DIFFERENT:
        elog(NOTICE, "a != b");
        break;
    default:
        elog(NOTICE, "not arrive here");
        break;
    } 
}

/* Output is the following:
------------------------------
NOTICE:  Is a subset of b ? -> 1
NOTICE:  Is b subset of a ? -> 0
NOTICE:  a ⊆ b
*/
}}}
*** bms_is_member [#acdf2980]

#geshi(c){{{
// 引数1:チェックしたい整数
// 引数2:対象のビットマップセットのポインタ
// 戻り値:true:メンバーである,false:メンバーでない
//         xが負数の場合は,エラー
//         aがNULLの場合は,false
extern bool bms_is_member(int x, const Bitmapset *a);
}}}

- xがビットマップセットの要素であるかを確認する。

&size(12){&color(white,#00afcc){ サンプル };};
#geshi(c){{{
Bitmapset *bm = bms_make_singleton(1);
elog(NOTICE, "%u", bms_is_member(1, bm)); // NOTICE:  1
}}}

*** bms_overlap [#lb65755b]

#geshi(c){{{
// 引数1:対象のビットマップセットのポインタ
// 引数2:対象のビットマップセットのポインタ
// 戻り値:true:オーバーラップあり,false:オーバーラップなし
//         aまたはbがNULLの場合,false
extern bool bms_overlap(const Bitmapset *a, const Bitmapset *b);
}}}

- 指定されたビットマップセットの一方が他方とオーバーラップしているかを調べる。

&size(12){&color(white,orange){ 参考 };}; [[bms_overlap()>https://doxygen.postgresql.org/bitmapset_8c.html#ad07cdfd7f2600d45125ac502567d1476]] - on doxygen.postgresql.org

&size(12){&color(white,#00afcc){ サンプル };};
#geshi(c){{{
void test_bitmapset_overlap()
{
    Bitmapset *bma = bms_make_singleton(0);
    bma = bms_add_member(bma, 1);
    bma = bms_add_member(bma, 12);

    Bitmapset *bmb = bms_make_singleton(0);
    bmb = bms_add_member(bmb, 1);
    bmb = bms_add_member(bmb, 12);
    bmb = bms_add_member(bmb, 16);
    bmb = bms_add_member(bmb, 32);

    // 1, 12 are overlaps
    elog(NOTICE, "Is there a overlap between bma and bmb ? %d", bms_overlap(bma, bmb));
}

/* Output is the following:
------------------------------
NOTICE:  Is there a overlap between bma and bmb ? 1
*/
}}}

*** bms_nonempty_difference [#f34c0e39]

#geshi(c){{{
// 引数1:対象のビットマップセットのポインタ
// 引数2:対象のビットマップセットのポインタ
// 戻り値:true:差分あり,false:差分なし
//         aがNULLの場合は,false
//         bがNULLに場合は,!bms_is_empty(a)の結果
extern bool bms_nonempty_difference(const Bitmapset *a, const Bitmapset *b);
}}}

- a-bに空でない差分があるかを調べる。

&size(12){&color(white,#00afcc){ サンプル };};
#geshi(c){{{
void test_bitmapset_nonempty_difference()
{
    Bitmapset *bma = bms_make_singleton(0);
    bma = bms_add_member(bma, 1);
    bma = bms_add_member(bma, 12);
    bma = bms_add_member(bma, 16);

    Bitmapset *bmb = bms_make_singleton(0);
    bmb = bms_add_member(bmb, 1);
    bmb = bms_add_member(bmb, 12);
    bmb = bms_add_member(bmb, 16);
    bmb = bms_add_member(bmb, 32);

    // 32 is nonempty_difference
    elog(NOTICE, "Is there a diffrence between bmb and bmb ? %d", bms_nonempty_difference(bmb, bma));
}

/* Output is the following:
------------------------------
NOTICE:  Is there a diffrence between bmb and bmb ? 1
*/
}}}

*** bms_singleton_member [#c614c16d]

#geshi(c){{{
// 引数1:対象のビットマップセットのポインタ
// 戻り値:シングルトンメンバの値
//         aがNULLの場合,エラー
//         aがemptyの場合,エラー
extern int bms_singleton_member(const Bitmapset *a);
}}}

- シングルトンメンバの値を返す。

&size(12){&color(white,#00afcc){ サンプル };};
#geshi(c){{{
Bitmapset *bm = bms_make_singleton(31);
elog(NOTICE, "%d", bms_singleton_member(bm)); // NOTICE:  31
}}}

*** bms_get_singleton_member [#n55ddd34]

#geshi(c){{{
// 引数1:対象のビットマップセットのポインタ
// 引数2:シングルトンメンバを書き込むポインタ
// 戻り値:true:取得OK,false:失敗
//         aがemtpyの場合,false 
extern bool bms_get_singleton_member(const Bitmapset *a, int *member);
}}}

- ビットマップセットのシングルトンメンバの値を取得する。

&size(12){&color(white,#00afcc){ サンプル };};
#geshi(c){{{
void test_bitmapset()
{
    Bitmapset *bm = bms_make_singleton(31);
    int x = -1;
    if (bms_get_singleton_member(bm, &x)) {
        elog(NOTICE, "x = %d", x); // NOTICE:  31
    }
}
}}}

*** bms_num_members [#wf426c00]

#geshi(c){{{
// 引数1:対象のビットマップセットのポインタ
// 戻り値:要素数
//         aがNULLの場合,0
extern int bms_num_members(const Bitmapset *a);
}}}

- ビットマップセットの要素数をカウントする。

&size(12){&color(white,#00afcc){ サンプル };};

#geshi(c){{{
void test_bitmapset()
{
    Bitmapset *bm = bms_make_singleton(0);

    for (int i = 1; i <= 10; i++) {
        bm = bms_add_member(bm, i);
    }
    // nwords is extended from 1 to 2
    bm = bms_add_member(bm, 32);

    // count members of set over words
    elog(NOTICE, "num = %d", bms_num_members(bm)); // NOTICE:  num = 12
}
}}}

*** bms_membership [#u1d80489]

#geshi(c){{{
// 引数1:対象のビットマップセットのポインタ
// 戻り値:メンバーシップの列挙定数
extern BMS_Membership bms_membership(const Bitmapset *a);
}}}

- ビットマップセットのメンバーシップを取得する。

*** bms_is_empty [#t399eda7]

#geshi(c){{{
// 引数1:対象のビットマップセットのポインタ
// 戻り値:true:空,false:空でない
//         aがNULLの場合,true
extern bool bms_is_empty(const Bitmapset *a);
}}}

- ビットマップセットが空かどうか確認する。

*** bms_add_member [#u170c17d]

#geshi(c){{{
// 引数1:対象のビットマップセットのポインタ
// 引数2:ビットマップセットに加える要素
// 戻り値:ビットマップセットのポインタ
//         xが負数の場合,エラー
//         aがNULLの場合,bms_make_singleton(x)
extern Bitmapset *bms_add_member(Bitmapset *a, int x);
}}}

- ビットマップセットに要素xを加える。
- &color(red){Bitmapsetは指定される要素値に応じて拡張されるので,関数から戻されるビットマップのポインタを使うように注意する。};

&size(12){&color(white,orange){ 参考 };}; [[bms_add_member()>https://doxygen.postgresql.org/bitmapset_8h.html#a6b969eb0ff1820a773b7cd8f9f1a92d5]] - on doxygen.postgresql.org

&size(12){&color(white,#00afcc){ サンプル };};
#geshi(c){{{
Bitmapset *bm = bms_make_singleton(0);
bm = bms_add_member(bm, 32);
}}}

*** bms_del_member [#i5fea93d]

#geshi(c){{{
// 引数1:対象のビットマップセットのポインタ
// 引数2:削除する要素
// 戻り値:ビットマップセットのポインタ
//         xが負数の場合,エラー
//         aがNULLの場合,NULL
extern Bitmapset *bms_del_member(Bitmapset *a, int x);
}}}

- ビットマップセットから要素xを削除する。

*** bms_add_members [#q8de13fa]

#geshi(c){{{
// 引数1:対象のビットマップセットのポインタ
// 引数2:対象のビットマップセットのポインタ
// 戻り値: 統合されたビットマップセットのポインタ(和集合)
// 戻り値:和集合演算されたビットマップセットのポインタ
//         aがNULLの場合,bms_copy(a)
//         bがNULLの場合,a
//         nwordsが大きい方に統合される,aは再利用される
extern Bitmapset *bms_add_members(Bitmapset *a, const Bitmapset *b);
}}}

- 指定されたビットマップを統合する。サイズの大きな方に合わせられる。
- &color(red){指定されたビットマップセットは変更される可能性があるため注意。};
- 指定されたビットマップの和集合を計算する。
- &color(red){aは再利用される。};

&size(12){&color(white,orange){ 参考 };}; [[bms_add_members()>https://doxygen.postgresql.org/bitmapset_8h.html#a7eca26d8ed0ecc57884ad362c9102ed6]] - on doxygen.postgresql.org

*** bms_int_members [#l59605a2]

#geshi(c){{{
// 引数1:
// 引数2:
// 戻り値:
// 引数1:対象のビットマップセットのポインタ
// 引数2:対象のビットマップセットのポインタ
// 戻り値:積集合演算されたビットマップセットのポインタ
//         aがNULLの場合,NULL
//         bがNULLの場合,pfree(a)してNULL,aは再利用される
extern Bitmapset *bms_int_members(Bitmapset *a, const Bitmapset *b);
}}}
- 説明

- 指定されたビットマップの積集合を計算する。
- &color(red){aは再利用される。};

*** bms_del_members [#d36bd21a]

#geshi(c){{{
// 引数1:
// 引数2:
// 戻り値:
// 引数1:対象のビットマップセットのポインタ
// 引数2:対象のビットマップセットのポインタ
// 戻り値:差集合演算されたビットマップセットのポインタ
//         aがNULLの場合,NULL
//         bがNULLの場合,a
extern Bitmapset *bms_del_members(Bitmapset *a, const Bitmapset *b);
}}}
- 説明

- 指定されたビットマップの差集合を計算する。

*** bms_join [#e146e2df]

#geshi(c){{{
// 引数1:対象のビットマップセット1のポインタ
// 引数2:対象のビットマップセット2のポインタ
// 戻り値:結合されたビットマップセットのポインタ
// 戻り値:和集合演算されたビットマップセットのポインタ
//         aがNULLの場合,b
//         bがNULLの場合,a
//         aもbも再利用される
extern Bitmapset *bms_join(Bitmapset *a, Bitmapset *b);
}}}

- 指定されたビットマップセットを結合した結果を返す。
- サイズの大きな方に統合される。
- &color(red){関数実行において,指定されたビットマップセットのいずれかのポインタがpfreeされることがあるため注意。};
- 指定されたビットマップセットの和集合を計算する。
- &color(red){aもbも再利用される。};

&size(12){&color(white,orange){ 参考 };}; [[bms_join()>https://doxygen.postgresql.org/bitmapset_8c.html#a24f7dc4716c59c7ffe509e2682b8a808]] - on doxygen.postgresql.org

&size(12){&color(white,#00afcc){ サンプル };};
#geshi(c){{{
void test_bitmapset_join()
{
    Bitmapset *bm1 = bms_make_singleton(1);
    Bitmapset *bm2 = bms_make_singleton(4);

//    Bitmapset *bm3 = bms_join(bm, bm2);
    // bms_joinでは,引数で指定したビットマップセットを再利用する(変更される)
    Bitmapset *bm3 = bms_join(bms_copy(bm1), bms_copy(bm2));
    int result = -1;

    result = -1;
    elog(INFO, "%s", "***** bm3 *****");
    while ((result = bms_first_member(bm3)) >= 0) {
        elog(INFO, "member: %d", result);
    }

    result = -1;
    elog(INFO, "%s", "***** bm1 *****");
    while ((result = bms_first_member(bm1)) >= 0) {
        elog(INFO, "member: %d", result);
    }

    result = -1;
    elog(INFO, "%s", "***** bm2 *****");
    while ((result = bms_first_member(bm2)) >= 0) {
        elog(INFO, "member: %d", result);
    }
}

/* Output is the following:
------------------------------
INFO:  ***** bm3 *****
INFO:  member: 1
INFO:  member: 4
INFO:  ***** bm1 *****
INFO:  member: 1
INFO:  ***** bm2 *****
INFO:  member: 4
*/
}}}
*** bms_first_member [#f07f3371]

#geshi(c){{{
// 引数1:対象のビットマップセットのポインタ
// 戻り値:ビットマップセットの最初の要素
//        空の場合は-1が返される
//         aがNULLの場合,-1
//         aがemptyの場合,-1
extern int bms_first_member(Bitmapset *a);
}}}

- ビットマップセットの要素値を返す。
- ビットマップセットの取り出された要素値は,ビットマップセットから削除される(&color(red){破壊的に操作されるので注意};)。
- ビットマップセットの最初の要素値を返す。
- ビットマップセットの取り出された要素値は,ビットマップセットから削除される(&color(red){破壊的に操作されるので注意};)。

&size(12){&color(white,orange){ 参考 };}; [[bms_first_member()>https://doxygen.postgresql.org/bitmapset_8c.html#aea2096ee0dbd28ca870fcf9ca9ab910d]] - on doxygen.postgresql.org

&size(12){&color(white,#00afcc){ サンプル };};
#geshi(c){{{
void test_bitmapset_iterate()
{
    Bitmapset *bm = bms_make_singleton(0);
    bm = bms_add_member(bm, 0);
    bm = bms_add_member(bm, 1);
    bm = bms_add_member(bm, 2);

    int result = -1;
    while ((result = bms_first_member(bm)) >= 0) {
        elog(INFO, "member: %d", result);
    }

    // members is already removed from bitmapset.
    elog(INFO, "% is member of bm ? %d", 1, bms_is_member(1, bm)); // 削除されているのでfalse
}

/* Output is the following:
--------------------------
INFO:  member: 0
INFO:  member: 1
INFO:  member: 2
INFO:   1s member of bm ? 0
*/
}}}

*** bms_next_member [#l584c45b]

#geshi(c){{{
// 引数1:対象のビットマップセットのポインタ
// 引数2:要素値(この要素値以上で最小の要素が検索される)
// 戻り値:-2:次の要素なし,0以上:要素値
//         aがNULLの場合,-2
//         aが空の場合,-2
extern int bms_next_member(const Bitmapset *a, int prevbit);
}}}

- 指定された要素値以上で最小の要素値を返す。
- 指定された要素値prevbit以上で最小の要素値を返す。
- prevbitは-1以下であってはいけない。
- bms_next_member関数は,bms_first_member関数と異なり,ビットマップセット自体は書き換えない。
- bms_next_member関数は,bms_first_member関数と異なりビットマップセット自体は書き換えない。


&size(12){&color(white,orange){ 参考 };};
- [[bms_next_member()>https://doxygen.postgresql.org/bitmapset_8h.html#a2a4b3a10e18b42ec38db57dbceaf471a]] - on doxygen.postgresql.org
- [[bms_first_member()>https://doxygen.postgresql.org/bitmapset_8c.html#aea2096ee0dbd28ca870fcf9ca9ab910d]] - on doxygen.postgresql.org

&size(12){&color(white,#00afcc){ サンプル };};
#geshi(c){{{
void test_bitmapset_iterate2()
{
    Bitmapset *bm = bms_make_singleton(0);
    bm = bms_add_member(bm, 0);
    bm = bms_add_member(bm, 1);
    bm = bms_add_member(bm, 19);
    bm = bms_add_member(bm, 32);
    bm = bms_add_member(bm, 64);
    elog(INFO, "%s", "***** first iterate *****");
    int result = -1;
    while ((result = bms_next_member(bm, result)) >= 0) {
        elog(INFO, "member: %d", result);
    }
    elog(INFO, "%s", "***** second iterate *****");
    result = -1;
    while ((result = bms_next_member(bm, result)) >= 0) {
        elog(INFO, "member: %d", result);
    }
}

/* Output is the following:
------------------------------
INFO:  ***** first iterate *****
INFO:  member: 0
INFO:  member: 1
INFO:  member: 19
INFO:  member: 32
INFO:  member: 64
INFO:  ***** second iterate *****
INFO:  member: 0
INFO:  member: 1
INFO:  member: 19
INFO:  member: 32
INFO:  member: 64
*/
}}}
*** bms_hash_value [#e541a454]

#geshi(c){{{
// 引数1:対象のビットマップセットのポインタ
// 戻り値:ハッシュ値,空の場合は0
// 戻り値:ハッシュ値
//         aがNULLの場合,0
//         aがemptyの場合,0
extern uint32 bms_hash_value(const Bitmapset *a);
}}}

- 指定されたビットマップセットのハッシュ値を返す。
- ビットマップセットが空の場合は0が返る。

&size(12){&color(white,orange){ 参考 };}; [[bms_hash_value()>https://doxygen.postgresql.org/bitmapset_8h.html#a2d2fc486e11ee76456aefa9069843ee6]] - on doxygen.postgresql.org

&size(12){&color(white,#00afcc){ サンプル };};
#geshi(c){{{
void test_bitmapset_hash()
{
    Bitmapset *bm = bms_make_singleton(0);
    bms_del_member(bm, 0);
    // empty set
    elog(INFO, "hash value = %u", bms_hash_value(bm));

    bm = bms_add_member(bm, 0);
    bm = bms_add_member(bm, 1);
    bm = bms_add_member(bm, 2);
    elog(INFO, "hash value = %u", bms_hash_value(bm));

    bm = bms_add_member(bm, 4);
    elog(INFO, "hash value = %u", bms_hash_value(bm));
}


/* Output is the following:
------------------------------
INFO:  hash value = 0
INFO:  hash value = 3316173823
INFO:  hash value = 1671777080
*/
}}}
* サンプルプログラム [#n657ef28]

** ビットマップセットのビットを表示する [#l9a28529]

&size(12){&color(white,#800080){ 実験 };};

#geshi(c){{
// ワードのビットを表示する
void show_bit(Bitmapset *bm, int x)
{
    elog(NOTICE, "*** added member: %d *** ", x);

    StringInfoData str;
    initStringInfo(&str);
    for (int n = 0, wordnum = bm->nwords; n < wordnum; n++) {
        bitmapword b = bm->words[n];
        elog(NOTICE, "words[%d] = %u", n, b);
        for (int i = BITS_PER_BITMAPWORD - 1; i >= 0; i--) {
            appendStringInfo(&str, "%u", (b >> i) & (bitmapword) 1);
        }
        elog(NOTICE, "%s", str.data);
        resetStringInfo(&str);
    }
    // pfree(str.data);
}

void sample()
{
    Bitmapset *bm = bms_make_singleton(0);

    bm = bms_add_member(bm, 0);
    show_bit(bm, 0);
    bm = bms_add_member(bm, 1);
    show_bit(bm, 1);
    bm = bms_add_member(bm, 2);
    show_bit(bm, 2);

    bm = bms_add_member(bm, 31);
    show_bit(bm, 31);

    bm = bms_add_member(bm, 32);
    show_bit(bm, 32);
}

/* Output is the following:

NOTICE:  *** added member: 0 *** 
NOTICE:  words[0] = 1
NOTICE:  00000000000000000000000000000001
NOTICE:  *** added member: 0 *** 
NOTICE:  words[0] = 1
NOTICE:  00000000000000000000000000000001
NOTICE:  *** added member: 1 *** 
NOTICE:  words[0] = 3
NOTICE:  00000000000000000000000000000011
NOTICE:  *** added member: 2 *** 
NOTICE:  words[0] = 7
NOTICE:  00000000000000000000000000000111
NOTICE:  *** added member: 31 *** 
NOTICE:  words[0] = 2147483655
NOTICE:  10000000000000000000000000000111
NOTICE:  *** added member: 32 *** 
NOTICE:  words[0] = 2147483655
NOTICE:  10000000000000000000000000000111
NOTICE:  words[1] = 1
NOTICE:  00000000000000000000000000000001
*/
}}
* 参考・関連 [#g81f45e8]

- [[bitmapset.h>https://doxygen.postgresql.org/bitmapset_8h.html]] - on doxygen.postgresql.org
- [[bitmapset.c>https://doxygen.postgresql.org/bitmapset_8c.html]] - on doxygen.postgresql.org


&size(12){&color(white,orange){ 関連 };};

#related
* コメント [#m246387f]

#comment

PR

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
目次
ダブルクリックで閉じるTOP | 閉じる
GO TO TOP